上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
キジムナー【きじむなー】[その他の固有名詞]
沖縄各地の伝承に登場する木の精霊。ガジュマルの木に棲むともいう。
水木しげるの描いた妖怪の絵が有名だが、
そうあっさりとイメージを固定して矮小化できるものではないようで、
金縛りなどの他愛無い悪戯をする精霊と考えられている一方、
死んだ子供や溺死者の霊を指す地方もあるなど
"異形として現れる超常的な(またはこわい)何か"全般を引き受けるものとして、
「オバケ」に相当する曖昧でオールマイティな言葉と考えた方がよいのかもしれない。


"水木しげるが表記を間違えたせいで多くの人が「キジムナー」を「キムジナー」と誤って覚えてしまった"ということにネット上ではなっているみたいなんですけど、ほんとに間違いだったのかなと。
例えば東京練馬に以前は江古田町と呼ばれていた地域があって、町名としてはすでに存在しないものの、そこを通る西武池袋線の駅名が「えこだ(江古田)」であるということもあり、ほとんどの人がその一帯を「えこだ」と呼んでいます。ですが、東京で育った叔母から以前に聞いた話では、本来は「えごた (「ご」は鼻濁音)」なんだそうです。実際どちらが正しいのかは地元の人もはっきりとはわからないらしいし、叔母が練馬の江古田と中野の江古田(えごた)を混同していた可能性もありますが、少なくとも"練馬の江古田を「えごた」と呼ぶ東京人が存在する"のは事実な訳です。
同じ都道府県内でも固有名詞の表記や発音にゆらぎがあるというのは普通にあり得ることであって、水木しげるに"木の精霊"の話を教えた(ということがあったとして、ですが)その沖縄の人が「キムジナー」と言っていた可能性だってあるんじゃないか、と。
別に水木氏をかばう義理はないんですが、
「キジムナー」の別名が「キジムン」なんですね。
で、魔物のことを沖縄言葉で「マジムン」と呼ぶことを最近知りまして。
また一方で「木の主」という意味の「キーヌシ」なんて言葉があります。
そしたら「キジムン」って「木」の「魔物」で「キーマジムン」かなと。
そう考えると
キーマジムン→キージムン→キジムン→キジムナー
キーマジムン→キーマジン→キマジン→キマジナー→キムジナー
と、かなり無理矢理ですがどっちもあり得るんじゃないかと
そんなことを思ったり思わなかったり。

水木しげるの本の「キムジナー」がたんなる誤植だったとしたら
今書いたこと全部無意味なわけですが^^

Shift JIS (55語)
UTF-16 (1語)
スポンサーサイト

08/19|今日の単語登録コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
こんにちは
今日、たまたまキジムナーの事を書いていてココに行き着いたのですが、
(あ、私は全然詳しく書いてないですよ(; ̄ー ̄A アセアセ・・・)
とても勉強になりました。
関東の方での濁音の訛りは良くあるそうです。関東人のくせらしいのですが、他の日本語でも濁って発音するものが間違って定着しているものもあるそうですよ。日本語学者の人の何かの本で読みました、覚えてなくてスミマセン。
では、また。
From: mine * 2005/08/22 15:38 * URL * [Edit] *  top↑
話半分で^^
どうもです。
"叔母から聞いた江古田の話"以外の部分はけっこう適当に
思ったことを書いてるだけなのであんまり参考にならないかも^^;
From: AquaBowler * 2005/08/22 21:54 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

AquaBowler

  • Author:AquaBowler
  • 現在の Mac 環境:
    iBook Late2001
    Mac OS X 10.4.11
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
del.icio.us
feed meter

RSS feed meter for http://kotoerisan.blog16.fc2.com/

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。