上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
FruitMenuのお馴染み機能としてすでにあるものなんですけど、日本語環境だと新規フォルダ名が文字化けするのでAppleScriptでやってみることに。
動作はOS X 10.4.2上でのみ確認。
スクリプトをHTMLへ書き出すために AS Publisher を使用させていただきました。


スクリプト

複数の項目を新規フォルダにまとめるスクリプト.html (UTF-8)
複数の項目を新規フォルダにまとめるスクリプト.txt(Shift JIS)
10.3以上ならページ下部の「新規書類にペースト」をクリックすれば スクリプトエディタが起動してスクリプト書類が作成され(ると思い)ます。 applescriptプロトコルというのを使っているらしく、Firefoxではセキュリティに関するアラートが出ますが、知識が浅いのでうまく説明できません。不安な場合は"applescript プロトコル"などで検索して、納得できたら実行してください。 IEは無理っぽいのでtxtファイルも置いときました。


スクリプトに適当な名前を付けて"スクリプト"形式で保存したら、
~/ライブラリ/Scripts 以下の好きな場所に置き、
Finder上で項目を複数選択してスクリプトメニューから実行します。
matomeru_as_1a.jpg

デフォルトのフォルダ名は「新規フォルダ-年月日時分秒」ですが、
"内包する項目名"ボタンをクリックして
matomeru_as_2.jpg

任意の項目名を選択すると
matomeru_as_3.jpg

新規フォルダの名前にできます。
matomeru_as_4.jpg

OKボタンを押して完了。
matomeru_as_5.jpg


Automatorと組み合わせてコンテキストメニューから実行

10.4ではAutomatorも使えます。
Automator用スクリプト.txt
このテキストをテキストエディットで開いてコピー。
こんな感じでペーストしてプラグインとして保存します。
for_automator.jpg


ドロップレット
選択項目が1つであっても実行できるという利点がありますが、いちいちアプリケーションが起動するので遅いです。泣きそうです
項目を新規フォルダに移動するドロップレット.html (UTF-8)
項目を新規フォルダに移動するドロップレット.txt(Shift JIS)
"アプリケーションバンドル"形式で保存してから
こちらを参考にJapanese.lprojを追加します。


追記: 2005年7月31日
ろくに試さずにエントリーを書いてしまったのですが、Automatorの遅さに比べればドロップレットの方がまだましですね。
項目が複数のときはスクリプトメニューで、単一のときはドロップレットをツールバーに登録して使うのがおすすめです。
また、ドロップレットを保存するときに「実行後、自動的に終了しない」のチェックを入れておくと処理が終わっても起動したままになるので、次回実行時のストレスを軽減できます。ただしコマンド+タブでアプリを切り替えるときにドロップレットもリストされるのでそれが新たなストレスになる恐れも(´・∀・`)
スポンサーサイト
07/28|AppleScriptコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2010/03/24 14:53 *  * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

AquaBowler

  • Author:AquaBowler
  • 現在の Mac 環境:
    iBook Late2001
    Mac OS X 10.4.11
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
del.icio.us
feed meter

RSS feed meter for http://kotoerisan.blog16.fc2.com/

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。