上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

環境:
iBook Late 2001
Mac OS X 10.4.8
FruitMenu 3.6.2b1

自分の環境固有の問題なのか、設定を見落としているのか、仕様なのか不具合なのかはわかりませんが、外付ハードディスクの項目を FruitMenu に登録していると、ログイン直後の Finder ではそれらの項目だけ階層メニューが使えなくなります。登録してある項目そのものをメニューから開くことはできますが、その下の階層に用があるときには不便を感じます。
そこで、FruitMenu Items に項目を追加すると即座にメニューが更新されるという性質を利用して、以下のような AppleScript をアプリケーション形式で保存し、システム環境設定 > アカウント > ログイン項目に登録してみました。

property fruitMenuItemsFolder : {}

on run
try
tell application "Finder"
if (fruitMenuItemsFolder is {}) then
set libraryFolder to (path to library folder from user domain) as Unicode text
set fruitMenuItemsFolder to (libraryFolder & "FruitMenu Items:") as alias
end if
set tmpFolder to (make new folder at fruitMenuItemsFolder) as Unicode text
end tell
tell application "System Events"
delete folder tmpFolder
end tell
on error errMsg
activate
display dialog errMsg buttons {"OK"} default button 1
return
end try
end run

~/Library/Preferences/FruitMenu Items に新規フォルダを作成し、すぐに削除する、というだけのスクリプトなのですが、どうやら目的を果たせているようです。
お好みで LSUIElement を 1 にしておくと鬱陶しくなくてなおよいです。

追記
こんなの見つけました。
Do Something When - Azarhi Software
hopperの技術メモ - DoSomethingWhenの紹介と常駐トラブルの解決
ディスクのマウント/アンマウントを感知してアプリケーションや書類を開くアクションを行うものです。
コンパイル済みスクリプト書類を指定して実行させることはできませんが、アプリケーション形式で保存したものなら「開く」ことができます。

スポンサーサイト

04/24|AppleScriptコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

AquaBowler

  • Author:AquaBowler
  • 現在の Mac 環境:
    iBook Late2001
    Mac OS X 10.4.11
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
del.icio.us
feed meter

RSS feed meter for http://kotoerisan.blog16.fc2.com/

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。