上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

環境
Mac OS X 10.4.10 (PPC; 日本語優先)
curl 7.13.1

次を実行すると保存されたファイル名の濁点の位置がずれてしまいます。

$ curl -o "がぎぐげご.html" http://www.apple.com/index.html

curlo.png

濁点つき仮名が連続しているときによく起こるようです。

iconv で回避できます。
$ filename=$(echo -n "がぎぐげご.html" | iconv -f UTF-8 -t UTF-8-MAC)
$ curl -o "${filename}" http://www.apple.com/index.html


スポンサーサイト
09/19|Macコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

環境: Mac OS X 10.4.10 (PPC; 日本語優先)

sips -r

画像を回転させる sips -r の引数にはマイナスも使える
次のふたつは同じ。

sips -r -90 test.jpg --out test2.jpg
sips -r 270 test.jpg --out test2.jpg

Terminal の do script コマンドでシェルスクリプトに引数を与える

ls -avl "$1" を実行するスクリプト /Users/hoge/bin/ls.sh に Finder の最前面ウインドウの target を与えたい場合。

tell application "Finder"
set theDir to POSIX path of ((target of Finder window 1) as Unicode text)
end tell
tell application "Terminal"
activate
do script "/Users/hoge/bin/ls.sh " & quoted form of theDir
end tell

AppleScript で Mail.app の選択文字列を取得

tell application "System Events"
tell process "Mail"
tell scroll area 2 of splitter group 1 of window 1
set headerSelection to (value of attribute "AXSelectedText" of text area 1)
--ヘッダの選択部分
set bodySelection to (value of attribute "AXSelectedText" of text area 2)
--本文の選択部分
end tell
end tell
end tell
if headerSelection is not "" then
set theText to headerSelection & return & return & bodySelection
else
set theText to bodySelection
end if

AppleScript で BathyScaphe の選択文字列を取得してレス間に改行を挿入

tell application "System Events"
tell process "BathyScaphe"
set theText to (value of attribute "AXSelectedText" of text area 1 of scroll area 2 of splitter group 1 of window 1)
end tell
end tell
set bs to «data utxt005C» as Unicode text
set dq to (ASCII character 34) as Unicode text
set gsubText to (do shell script "echo -n " & quoted form of theText & " | ruby -ne 'print $_.gsub(/^" & bs & "d{1,4}" & bs & "s名前.+Mail.+投稿日.+/) { | matched |; " & dq & bs & "n" & dq & " + matched; }'")
set p1 to (paragraph 1 of gsubText)
if p1 is "" then
set gsubText to (do shell script "echo -n " & quoted form of gsubText & " | tr '" & bs & "r' '" & bs & "n' | tail +2")
end if
gsubText

.ace ファイルを展開できるソフト

The Unarchiver
UnaceX
MacUnace
UnaceX 1.2 と MacUnace 2.5 の実行ファイル (unace) はどうやら同じバージョン。

MacUnace の使い方。(bash)
file.ace がデスクトップにあるとして
$ cd ~/Desktop
$ unace e file.ace ./the_folder/

~/Desktop/the_folder にファイルが展開される。
***ディレクトリ名の後にスラッシュをつけないとエラーになる。***
展開先として指定したディレクトリが存在しない場合、新規にディレクトリが作成される。
展開先を指定しないとカレントディレクトリにバラバラと中身が展開される。


09/18|Macコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

AquaBowler

  • Author:AquaBowler
  • 現在の Mac 環境:
    iBook Late2001
    Mac OS X 10.4.11
フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
del.icio.us
feed meter

RSS feed meter for http://kotoerisan.blog16.fc2.com/

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。